髪がパサつく原因とは?

どうして髪がパサつくの?

髪がパサつく原因には以下のようなものがあります。

 

髪の毛に栄養が行き届いていない
ダイエットなどで食事を制限したりすると当然体内の栄養は減ってしまいますから、髪の毛も栄養不足になります。
結果として髪の毛も痩せてしまうこととなりパサついてしまいます。

 

シャンプーをしすぎる・シャンプーの洗浄力が強すぎる
シャンプーのしすぎ・シャンプーの洗浄力が強すぎると頭皮や髪の毛に必要な水分・皮脂までも洗い流されてしまい、頭皮や髪の毛が乾燥してしまいます。
最近では、シャンプーは2〜4日に1回でいい、という考え方もあるようです。

 

ドライヤー・ヘアーアイロンの使い過ぎ
ドライヤーやヘアーアイロンの使い過ぎは髪の毛に必要な水分まで失うことになり、髪を乾燥させてしまいます。
お風呂の後なども、いきなりドライヤーを使うのではなく、タオルで髪の水分を拭き取ってから必要最小限使用するのがよいようです。
また、ドライヤーを使う時も「髪の根元から当てる」「頭の上から当てる」ようにすると髪が乾燥し過ぎるのを防げます。

 

カラー・パーマ
カラーやパーマを行うと髪のキューティクルがダメージを受けます。
するとキューティクルによって保たれていた髪の毛の水分が失われてしまうのです。

 

ストレスと疲れ
ストレスと疲れは肌のターンオバーを悪化させ、結果として頭皮の乾燥につながります。
頭皮は髪の毛の土台ですから、頭皮が乾燥してしまうと髪の毛もその影響を受け乾燥してしまいます。