リシリッチの使い方

リシリッチの効果的な使い方とは?

リシリッチの効果的な使い方は、お風呂の後、タオルドライした状態の髪につけるということです。
なぜかというと、髪に水が残っているとリシリッチをつけても流れてしまいますし、逆に髪が乾燥した状態だと保湿効果を得られなくなるからです。

 

タオルドライの時は、体を拭いたタオルではなく乾いたタオルを使った方がいいでしょう。
また、力を入れてゴシゴシと拭かず、優しく水分を拭き取るようにしましょう。

 

リシリッチを髪につける時は毛先を中心に髪の半分くらいまでにつけるようにします。
理由は、髪は毛先に向かうほどダメージが大きくなっているからです。
つける時は、頭皮にはつかないように注意しましょう。
また、つけすぎると髪がベタベタになってしまいますから、つける分を容器から出す時には右半分の分、左半分の分というように分けて出すようにするといいと思います。

 

ドライヤーで乾燥させる時は、髪の根元から毛先に向かって風を当てるようにします。
こうすると髪のキューティクルが整うようになるのです。
そして、乾燥させ過ぎないように、毛先が少し湿っている程度で終了するようにしましょう。

 

髪のダメージがひどいという方は、リシリッチだけではなく洗い流すタイプのトリートメントもあわせて使うようにすれば十分なケアができます。